京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる
インデックス

ミツマタ、木漏れ日に輝く 綾部の群生地で見頃

木漏れ日を浴びて輝くミツマタの花(綾部市老富町)
木漏れ日を浴びて輝くミツマタの花(綾部市老富町)

 ミツマタの花が綾部市老富町の群生地で見頃を迎え、杉林の中で黄色い花が木漏れ日を浴びて輝いている。今週末がピークといい、京阪神各地から観光客が訪れている。

 ミツマタは、住民らがかつて和紙の原料として栽培し、山の斜面1・5ヘクタールに自生している。一帯の3集落でつくる「あやべ水源の里・老富」が昨年、散策ルートを整備し、今年は休憩所も建て、観光客らに活用を促している。

 4月下旬からは老富町の群生地でシャガの花が見頃となる。4月7日と5月13日には大町バスターミナルから送迎バスが運行される。7日のバスの申し込みは4日までに上林いきいきセンター0773(54)0095に申し込む。

【2018年03月29日掲載】