出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

獄死の韓国詩人の碑、平和象徴に 京都・宇治「過去直視を」

尹東柱の詩碑を見学する韓国人たち(1月18日、宇治市志津川)
尹東柱の詩碑を見学する韓国人たち(1月18日、宇治市志津川)

 同志社大留学中に治安維持法違反で逮捕され、獄死した韓国の国民的詩人・尹東柱(ユンドンジュ)(1917~45年)を後世に伝えようと、ゆかりの地である宇治川沿いの宇治市志津川に昨秋建てられた詩碑を、この半年に国内外から多くの見学者が訪れている。建立した市民団体は「負の歴史に光を当てる『ダークツーリズム』として注目されているのでは。過去を直視することで、ダークがピース(平和)になる」とし、この場から平和活動を広げていくつもりだ。

 詩碑は「詩人尹東柱記念碑建立委員会」(代表・安斎育郎立命館大名誉教授)が12年がかりで建てた。友人と訪れた尹が、生前最後の写真に納まった天ケ瀬つり橋から約300メートル上流にある。

 昨年10月28日の除幕式以降、建立委員会や市などに問い合わせが続く。委員会の紺谷延子事務局長は「月2度ほど訪れるが、いつ見ても花束や飲み物、尹の詩集がささげられている」。詩人のアーサー・ビナードさんも委員会メンバーの案内で訪問し、「いい機会になった」と熱心にメモを取っていたという。

 詩碑の建立は韓国でも報道され、同国からの観光客も多い。紺谷さんは「あなたを知っている、と突然声を掛けられたこともある」と笑う。今年1月18日には韓国の教員団体が花を手向けてアリランを合唱した。団体の金太彬代表は「尹東柱が青春を楽しんだ意味ある地に、日本の方々が碑を建てられて感激している」と述べた。

 紺谷さんらは27日に予定される南北首脳会談に注目している。「尹が通った中学は現在の北朝鮮にあり、大学は今の韓国。(詩碑に刻まれている)尹の作品『新しい道』を口ずさみながら、38度線を自由に行き来できる日が来てほしい」

【 2018年05月17日 17時00分 】

ニュース写真

  • 尹東柱の詩碑を見学する韓国人たち(1月18日、宇治市志津川)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      大谷―田中は実現せず
      登板日が28日から変更に

      20180525000003

       【トロント共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手(23)の次回登板が27日(日本時..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]