出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日大回答「疑念解消できず」 アメフット悪質反則で関学

記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市
記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市

 アメリカンフットボールの定期戦で日本大選手の悪質な反則行為で選手が負傷した問題で、関西学院大アメフット部は17日、兵庫県西宮市の同大学で記者会見し、抗議に対する日大からの回答書を公表して「疑問、疑念を解消できておらず、現時点では誠意ある回答とは判断しかねる」と批判した。事態の真相究明を求めるとともに、日大の内田正人監督らによる被害選手への直接の謝罪をあらためて要求した。

 日大は回答書の中で「意図的な乱暴行為を行うことを選手に教えることはない」と指導陣からの指示を否定し、「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)が起きていたことが問題の本質」と説明。経緯についての確認を進め、24日をめどに再回答するとした。

 回答書に対して、関学大は「具体的な事実や経緯などチームとしての見解が記されていない」と反論。反則行為をした選手に対して指導者が厳しく注意しなかったことや、奮起を促すためだったという内田監督の試合後のコメントを挙げ「ルールを逸脱した行為を監督・コーチが容認していたとの疑念を抱かざるを得ない」とした。

 6日の試合では、日本大の守備選手がボールを投げた後で無防備だった関学大のクオーターバックに背後から激しくタックルして負傷させた。

 関学大アメフット部の鳥内秀晃監督は「非常に悪質で、同じ指導者として到底受け入れられない。すぐにでも謝罪すべきだったのでは」と日大の対応を批判。同席した小野宏ディレクターも「日大とは他の大学より深いつながりがあったが、今は信頼関係が崩壊している」と述べ、日大の再回答の内容次第では次年度以降の定期戦は行わない方針をあらためて示した。

【 2018年05月17日 23時57分 】

ニュース写真

  • 記者会見する関西学院大アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(右)と小野宏ディレクター=17日午後、兵庫県西宮市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      住宅火災で高齢男女死亡
      東京・練馬

      20180524000224

       24日午後8時5分ごろ、東京都練馬区錦1丁目の2階建て住宅から出火し、1階約30平方メ..... [ 記事へ ]

      経済

      スバル、初のEVはフォレスター
      主力車で環境対応

      20180524000102

       SUBARU(スバル)が、2021年に発売する初の電気自動車(EV)をスポーツタイプ多..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京町家「長江家」復元完成 手続き簡素化の市制度初

      20180524000196

       京都市下京区の京町家「長江家(ながえけ)住宅」で、内装を150年前の建築当時の姿に近づ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      iPS細胞から免疫機能高める細胞作製 京大グループ発表

      20180524000201

       ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、免疫細胞を活性化させるリンパ球のような働きを持..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働、地元同意対象拡大を
      福井の市民団体が協定締結要

      20180524000145

       脱原発などを訴える福井県の市民団体が24日、原発再稼働時の「地元同意」の対象を、原発か..... [ 記事へ ]

      国際

      ナジブ前首相を再聴取
      マレーシア公金流用疑惑

      20180524000218

       【クアラルンプール共同】マレーシアの汚職対策委員会(MACC)は24日、首都クアラルン..... [ 記事へ ]