出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

巡査叱る様子、カメラに写らず 滋賀の警官射殺

発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)

 滋賀県警彦根署の男性巡査(19)が教育係の巡査部長(41)を射殺した事件で、犯行現場となった河瀬駅前交番内の防犯カメラには、巡査部長が巡査を厳しく叱る様子などは写っていなかったことが16日、滋賀県警への取材で分かった。県警は巡査が1月に現場に配属されてからの勤務で犯行につながる動機がないか調べている。また、巡査は逃走時にGPS(衛星利用測位システム)機能付きの無線機がついた服を脱いでいたことが分かった。県警は居場所が特定されないように捨てたとみている。

 県警によると、犯行日の11日、巡査部長と巡査は午後5時ごろに発生事案の対応で出動し、同7時15分に交番に戻った。防犯カメラにはその後、2人が夕食の弁当を食べる様子が写っていた。食後、巡査部長は自分の机でパソコン作業を行い、巡査は交番内を立ち歩いたりしていた。カメラに音声は記録されていないが、巡査部長が倒れる同47分までの約30分間に、巡査が厳しく叱られたり、2人が言い争ったりする様子は写っていなかったという。

 また、巡査は犯行後に逃走中、愛荘町の田んぼに乗り捨てたパトカー内に、無線機がついた耐刃防護衣を脱いで放置していたことも判明。無線機には、警察官がどこにいるか分かるようにGPS機能があり、県警は居場所が特定されるのを防ぐ狙いがあったとみている。

 巡査はパトカーを乗り捨てる直前、愛荘町目加田の民家の縁石に衝突する自損事故を起こしていた。左前のタイヤがパンクしており、この事故で走行が難しくなったとみられる。県警で詳しい逃走経路を調べている。

【 2018年04月16日 21時17分 】

ニュース写真

  • 発砲があった彦根署河瀬駅前交番を調べる捜査員ら(12日午前0時36分、彦根市南川瀬町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      希望、民進新党は「国民民主党」
      安倍1強の打破目指す

      20180424000139

       希望、民進両党は24日、両党幹部による新党協議会を国会内で開き、新党名を「国民民主党」..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      NBAロケッツとジャズが3勝目
      プレーオフ

      20180424000108

       【ニューヨーク共同】米プロバスケットボール、NBAのプレーオフ1回戦(7回戦制)第4戦..... [ 記事へ ]

      経済

      東証反発、2万2278円
      円安進行を好感

      20180424000103

       24日の東京株式市場は円安進行を好感した買いが優勢となり、日経平均株価(225種)は反..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      春雨に濡れ、イチハツしっとり 京都、得浄明院で特別公開

      20180424000068

       京都市東山区林下町の得浄明院で、アヤメの仲間「イチハツ」の見頃に合わせ春の特別公開が行..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      「キャップ投げ」世界へ 京大生の挑戦、10月イタリアで披露

      20180424000102

       ペットボトルのキャップを、投げる。ただそれだけのことに、己のすべてを賭ける19歳がいる..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      海底生物を捕る自動ロボ開発
      東大と九工大、環境調査に活用

      20180424000066

       海底を自動で動き回って生き物を捕まえるロボットを開発したと、東京大と九州工業大のチーム..... [ 記事へ ]