2018京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

都クA9連覇 卓球団体

卓球団体で優勝した都クラブAの杉本さん(左)と後藤さんのダブルス(京都市北区・島津アリーナ京都)
卓球団体で優勝した都クラブAの杉本さん(左)と後藤さんのダブルス(京都市北区・島津アリーナ京都)

 27日、京都市北区の島津アリーナ京都で卓球の団体を行い、決勝は都クラブAが2−0で城陽エレガンスAに勝ち、9連覇を果たした。計106チームが出場し、3人一組でシングルス2試合とダブルス1試合で勝敗を争った。


全員が力出し切る


 ○…都クラブAは落ち着いた試合運びで、9連覇を飾った。リーダー的存在の杉本尚子さん(44)は「責任を果たせた。来年も頑張りたい」と笑顔を見せた。

 決勝のダブルスでは連携プレーが光った。杉本さんが前回転をかけたドライブで相手の返球を浮かせると、後藤真理子さん(51)が鋭いスマッシュを決め、要所でポイントを重ねた。後藤さんは「優勝できてよかった」と喜んだ。第1シングルスは、小出美智子さんが得意のドライブで相手のミスを誘ってストレート勝ちした。

 準決勝は、都クラブBとの「同士打ち」となり、手の内を知られた相手に苦戦しながらも勝ち上がった。自信を持って臨んだ決勝では全員が力を出し切り、小出さんは「いつも通りのプレーができた」と語った。


◇オール京都レディース卓球大会

【団体戦】
▽1位トーナメント準決勝 都クA2−0都クB、城陽エレガンスA2−0宇治ク
▽同決勝

都クA   2−0   城陽エレガンスA
○杉本
 後藤
7−11
11−9
11−8
12−10
小西
下内
○小出 11−5
11−3
11−7
原田
▽2位トーナメント決勝 雅クB2−0ASOクA
▽3、4位トーナメント決勝 桂花クA2−1上桂卓球場A



【2018.04.28掲載】

(c) 2018 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.