2018京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

開催種目・要項

「魔球」が魅了卓球

 東京オリンピックを控え、スポーツ界は大変盛り上がっています。卓球競技におきましては、若い選手の活躍が大いに期待されているところです。

 メディアにも度々登場するようになった今、「卓球するなら今でしょうっ!!」。親しみやすく、簡単そうに見える小さな白球。ところが、魔球ともいえる難しさを実感し、とりこになってしまう卓球。たかが卓球、されど卓球です。年齢、性別を問わず愛好家が増えていることは、うれしい限りです。

 本大会はダブルス、シングルス、団体と、3日間の開催です。最後まで自分らしさを発揮し、輝いていただきたいと思います。

(京都卓球協会副理事長、レディース委員長 川地麗子)

☆第29回オール京都レディース卓球大会

会  期 4月10日(火)―ダブルス戦
4月19日(木)―シングルス戦
4月27日(金)―団体戦
会  場 島津アリーナ京都
参加人員 団体106チーム、シングルス319人、ダブルス209チーム
競技方法 団体戦 チーム編成は3名。1番ダブルス、2番シングルス、3番シングルス。
1番ダブルスに出る選手は2番シングルスには出られない。
3〜4組による予選リーグと順位別トーナメント戦
シングルス戦 1部(A・B級)2部(C級)3部(初級)
いずれも4〜5人による予選リーグと順位別トーナメント戦
ダブルス戦 1部(A・B級)2部(C級)3部(初級)
いずれも4〜5組による予選リーグと順位別トーナメント戦
※団体、シングルス、ダブルスの各種目を兼ねて出場することができます。

(c) 2018 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.