出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS細胞から高品質血小板 京大グループが新手法

 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から臨床に耐え得る高品質な血小板を大量作製する手法を確立したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。血小板を作る時に培養液に乱流を発生させる過程が重要といい、マウスの生体内で血小板が産生される仕組みを応用した。米科学誌セルに13日、掲載する。

 輸血用の血小板製剤は現在献血に頼っているが、将来的には不足が予測され、iPS細胞から血小板を作るニーズがあるという。同研究所の江藤浩之教授らが治験の実施を目指して準備を進めているが、臨床に応用できるレベルの品質を保てず、1回の輸血に必要な1千億個以上の血小板作製は難しかった。

 江藤教授や伊藤幸敬研究生らは、マウスの骨髄で血小板が産生される過程を観察。巨核球という細胞からちぎれるようにして血小板ができる時、血液の乱流が関係することが分かった。

 iPS細胞由来の巨核球から血小板を作る際、培養液のかき混ぜ方を工夫して乱流を発生させると、従来と比べ産生率が4倍になり、凝固して臨床には使えない血小板は6分の1まで減った。さらに巨核球から血小板がちぎれる過程で関わる3種類の遺伝子を突き止めた。

 今回の手法で、巨核球を培養槽に入れてから5日で1千億個以上の血小板を作製できるという。江藤教授は「研究者として治験に向けた準備は終了した」と話した。

【 2018年07月13日 00時20分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      おり監禁事件、第三者委が報告
      市が引き継ぎ怠り支援できず

      20180920000204

       兵庫県三田市の自宅で父親(73)が20年以上にわたって知的障害のある長男(42)をおり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、加藤・二宮組が準決勝へ
      東レ・パンパシ第4日

      20180920000149

       女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第4日は20日、東京・アリーナ立川立飛で行..... [ 記事へ ]

      経済

      損保、台風21号で最多件数か
      受け付け48万超える

      20180920000207

       日本損害保険協会は20日、台風21号による自動車保険や火災保険などの支払いの受付件数が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秋雨しとしと、手合わせ故人しのぶ 京都・大谷祖廟 

      20180920000126

       秋の彼岸入りの20日、京都市内の墓地には雨の降る中、多くの人がお参りに訪れた。東山区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働問う県民投票を、仙台
      女川2号機で直接請求へ

      20180920000130

       東北電力女川原発2号機(宮城県)の再稼働について、県民に賛否を問うべきだとして、仙台市..... [ 記事へ ]