出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

背伸ばすイネの遺伝子発見
水没時にホルモン合成

 研究成果を説明する東北大の黒羽剛助教=12日、仙台市
 研究成果を説明する東北大の黒羽剛助教=12日、仙台市

 東北大や名古屋大などの研究チームは、洪水が頻発する東南アジアなどで栽培されている「浮きイネ」が、水没した際に水上に葉を出そうと急激に背丈を伸ばすための遺伝子を突き止めたと、12日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 この遺伝子は「SD1遺伝子」と呼ばれ、イネの背丈の調整に関係しているという。記者会見した東北大の黒羽剛助教(植物生理学)は「異常気象などの環境変化に対応する品種の開発に役立つ成果だ」としている。

 日本とバングラデシュで栽培されているイネ計68種類のDNA配列などを比較。バングラデシュの浮きイネにある特異な変異からSD1遺伝子を発見した。

【 2018年07月13日 03時01分 】

ニュース写真

  •  研究成果を説明する東北大の黒羽剛助教=12日、仙台市
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース

      政治・社会

      おり監禁事件、第三者委が報告
      市が引き継ぎ怠り支援できず

      20180920000204

       兵庫県三田市の自宅で父親(73)が20年以上にわたって知的障害のある長男(42)をおり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン、桃田ら準々決勝へ
      中国オープン

      20180920000215

       バドミントンの中国オープンは20日、常州で行われ、男子シングルス2回戦で桃田賢斗(NT..... [ 記事へ ]

      経済

      損保、台風21号で最多件数か
      受け付け48万超える

      20180920000207

       日本損害保険協会は20日、台風21号による自動車保険や火災保険などの支払いの受付件数が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秋雨しとしと、手合わせ故人しのぶ 京都・大谷祖廟 

      20180920000126

       秋の彼岸入りの20日、京都市内の墓地には雨の降る中、多くの人がお参りに訪れた。東山区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働問う県民投票を、仙台
      女川2号機で直接請求へ

      20180920000130

       東北電力女川原発2号機(宮城県)の再稼働について、県民に賛否を問うべきだとして、仙台市..... [ 記事へ ]