出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「夢が現実になった」 ノーベル授賞式前に本庶氏が会見

本庶佑・京都大特別教授が会見を行ったカロリンスカ研究所の建物=6日、ストックホルム
本庶佑・京都大特別教授が会見を行ったカロリンスカ研究所の建物=6日、ストックホルム

 ノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)が6日午後(日本時間6日夜)、共同で受賞する米テキサス大のジェームズ・アリソン教授とスウェーデン・ストックホルムのカロリンスカ研究所で公式記者会見に出席し、「夢が現実になった。免疫が、がんを治療する上で重要になってくる」と今後の研究に期待を寄せた。

 本庶教授は、自身が開発に関わったがん治療薬と、アリソン教授が開発に関わったがんの治療薬について、分子レベルでの過程は異なるが、よく似た効果をもたらすと説明。二つの方法を組み合わせることで、より効果を発揮できるようになる可能性を指摘した。

 がん治療の将来について、他の方法と合わせて「がんを完全に消し去ることはできなくても、がんと共存という形で治療できるようになると思う」と述べた。

 日本で研究を続けてきた意味について「米国から帰る決断をしたのは、分子生物学という新しい科学を日本に育てるという思いからだった」と回想。日本での長い研究生活が受賞に結びついた喜びをかみしめた。

 授賞式については「まだ経験していないからわからないが、ファンタスティックな内容だと聞いているので楽しみにしている」と期待を寄せた。

 6日午前(同6日夜)には、ノーベル博物館で各賞の受賞者が集まる懇談会に出席。7日午後2時(同7日午後10時)から、同研究所で記念講演を行う。

【 2018年12月06日 23時30分 】

ニュース写真

  • 本庶佑・京都大特別教授が会見を行ったカロリンスカ研究所の建物=6日、ストックホルム
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース