出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

永久凍土からオオカミの頭部
3万年前、脳や筋肉残る

 北東シベリアの永久凍土で見つかった約3万年前のオオカミの頭部(研究チーム提供)
 北東シベリアの永久凍土で見つかった約3万年前のオオカミの頭部(研究チーム提供)

 東京慈恵会医大とロシア科学アカデミーなどのチームは3日、北東シベリアの永久凍土の中から約3万年前のオオカミの頭部を発見したと発表した。骨だけでなく、脳や筋肉、毛皮や眼球が冷凍保存され、ほぼ完全な状態で見つかった。

 コンピューター断層撮影(CT)で頭部を調べた鈴木直樹・慈恵医大客員教授(古生物学)は「まるで生きているようだ」と驚く。3歳前後の成体の頭で、体長は推定1メートル前後と現生のオオカミより小さい。今後は組織やDNAを調べ、生態や現生のオオカミとの関係を明らかにする予定だ。

【 2019年06月03日 20時21分 】

ニュース写真

  •  北東シベリアの永久凍土で見つかった約3万年前のオオカミの頭部(研究チーム提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース