出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

朝食抜く若者が増加、26・9%
政府、意識改善を促す

 政府は4日、2018年度版の食育白書を閣議決定した。20~30代の若い世代で朝食を抜くことの多い人の割合が26・9%に上り、前年度より3・4ポイント増加したとの調査結果を紹介。小中学生でも増加傾向にあり、白書では、子どもの健全な食習慣の形成のためにも今後親になる若い世代が「食への意識を高める必要がある」と意識の改善を促した。

 20~30代で朝食を「ほとんど食べない」と答えたのは17・9%で、前年度より3・1ポイント増えた。週に2~3日しか食べない人も9・0%おり、合わせて3割近くが朝食を抜きがちとなっている。

【 2019年06月04日 10時06分 】

    環境・科学のニュース