出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

セブンとコカ・コーラがプラ削減
飲料ペットボトルをリサイクル

 セブン&アイ・ホールディングスのペットボトル回収機=5日午後、東京都千代田区
 セブン&アイ・ホールディングスのペットボトル回収機=5日午後、東京都千代田区

 セブン&アイ・ホールディングスと日本コカ・コーラは5日、プラスチックゴミの削減を目指して、リサイクル素材を100%使用したペットボトルの商品を10日から販売すると発表した。プラゴミによる海洋汚染が問題になっていることを受け、ペットボトルのリサイクル推進が飲料メーカー各社に広がってきた。

 セブン&アイとコカ・コーラは、共同開発した「一(はじめ)緑茶 一日一本」をリニューアルし、セブン&アイグループの各店舗で回収したペットボトルをリサイクルした素材のみを使う。セブン&アイはペットボトル回収機を年間千台ペースで店頭に設置する。

【 2019年06月05日 19時01分 】

ニュース写真

  •  セブン&アイ・ホールディングスのペットボトル回収機=5日午後、東京都千代田区
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース