出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

トランプ氏、英皇太子に「感銘」
気候変動巡り議論

 チャールズ皇太子とのディナーの席で乾杯するトランプ大統領=4日、ロンドン(ゲッティ=共同)
 チャールズ皇太子とのディナーの席で乾杯するトランプ大統領=4日、ロンドン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英民放ITVは5日、国賓として訪英していたトランプ米大統領が滞在中、環境保護などに力を注ぐチャールズ英皇太子(70)と気候変動について議論したと伝えた。ITVのインタビューでトランプ氏が明かし、気候変動対策に取り組む皇太子の熱意に「感銘を受けた」と話した。

 「(皇太子は)将来世代にとって、良い世界を望んでいる」と述べ、自身も同じ思いだと強調した。だが地球温暖化防止の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明するなど、気候変動に否定的な立場のトランプ氏の考えは大きく変わっておらず、インタビューでは気候変動は「異常気象」にすぎないと指摘した。

【 2019年06月06日 11時31分 】

ニュース写真

  •  チャールズ皇太子とのディナーの席で乾杯するトランプ大統領=4日、ロンドン(ゲッティ=共同)
  •  3日、チャールズ英皇太子(右)と茶会に臨むトランプ米大統領=ロンドン(ゲッティ=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース