インデックス

出席者

府立植物園長
松谷 茂さん
まつたに・しげる 京都大大学院で森林生態学を専攻。4年前から園長。「園長さんとの気まぐれ散歩」やライトアップなど新企画で入場者数を伸ばす。
比較文学者
光田 和伸さん
みつた・かずのぶ 国際日本文化研究センター准教授(古典文学)。著書に『恋の隠し方―兼好と「徒然草」』『芭蕉めざめる』など。
日本画家
森田 りえ子さん
もりた・りえこ 四季の花や女性像を得意とし、川端龍子大賞展大賞などを受賞。京都迎賓館に作品制作。金閣寺方丈の杉戸絵、客殿天井画を描く。
歴史学者
高木 博志さん
たかぎ・ひろし 京都大人文科学研究所准教授(日本近代史)。著書に『近代天皇制と古都』『近代京都研究』(共編著)など。
2/4

(上)和の文化と心 彩る桜

椿の花と表裏関係

 −桜には華やぎと対照的にはかなさというイメージもある。

 光田 桜と並べて考えたい花に椿がある。真っ赤な花が咲き、落花後も緑の葉が輝く椿は桜以上に霊力のある木とされていた。髪に挿す櫛も椿で作った。どちらも春の花だが、咲き方と散り方が対照的。椿は厚い花弁がボタボタと落ち、桜は小さな花びらが風に乗って漂う。椿は首が落ちるようで縁起悪いと、近世は武士の家に植えてはいけなくなる。一方、桜は散り方が美しいから日本の心を代表するとなっていく。桜と椿は表裏の関係。一方にだけ光があたる時代は不幸だ。

 中世は和歌から連歌の時代になる。連歌は一人ずつ句をつけて連続させて遊ぶゲームだが、「花」という言葉を使って桜を必ず詠まなければならない関門がある。最長で100句続ける場合、大体25句に1カ所、花を詠まないと先に進めない決まりがある。

 爛漫な桜でも、待ち遠しい桜でも、散りゆくつらい桜でもいい。桜は人生の最大の喜びという考え。連歌では「恋」も必ず通過しないといけないが、いつ詠んでもいい。どこで待ち受けているか分からないのが恋だから。桜は季節だから周期が決まっている。心を高ぶらせながら、巡ってくるのを待つのが楽しい。

Copyright (c) 2010 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.