インデックス

出席者

府立植物園長
松谷 茂さん
まつたに・しげる 京都大大学院で森林生態学を専攻。4年前から園長。「園長さんとの気まぐれ散歩」やライトアップなど新企画で入場者数を伸ばす。
比較文学者
光田 和伸さん
みつた・かずのぶ 国際日本文化研究センター准教授(古典文学)。著書に『恋の隠し方―兼好と「徒然草」』『芭蕉めざめる』など。
日本画家
森田 りえ子さん
もりた・りえこ 四季の花や女性像を得意とし、川端龍子大賞展大賞などを受賞。京都迎賓館に作品制作。金閣寺方丈の杉戸絵、客殿天井画を描く。
歴史学者
高木 博志さん
たかぎ・ひろし 京都大人文科学研究所准教授(日本近代史)。著書に『近代天皇制と古都』『近代京都研究』(共編著)など。
4/4

(上)和の文化と心 彩る桜

生命力も妖しさも

 −美術では桜はどう描かれてきましたか。

 森田 さまざまですね。桃山時代には絢爛(けんらん)豪華な大和絵のほか、着物や蒔絵の意匠にも桜が増えた。その後は琳派(りんぱ)や浮世絵の題材にもなり、明治以降は画家の自我を作品に盛り込む表現になる。横山大観「夜桜」は生命の強さを男性的な威風堂々さで描く。村上華岳「夜桜之図」はぼおっとして、あの世の光景みたいな妖(あや)しさがある。両極端の描き方ができるのが桜。私も陽光の中の桜には心が弾むけど、雨中の桜や夜桜にはすごい孤独感を感じる時もある。

 −自身で描く対象とでは?

 森田 特にシダレザクラが好きで各地の名桜を訪ねて写生しているが、まだ代表作を描けていない。太い根や独特の木肌の先に、小さな花びらが霧のようにかすんで咲く。風情の中に自分を投影するのが難しい。

 −男女で桜の受け止め方、表現に違いは。

 光田 小野小町は「花の色はうつりにけりないたづらに…」とうたっている。女性にとって花は自分自身。男は違う。花と向き合い、もてなす存在。

 松谷 女性は満開の桜を見るとストレートに「わあ、きれい」と言葉があふれ出す。男性は言葉を発せずに、じっと見る人が多い。DNAの違いでしょうか。

【2010年4月5日掲載】
Copyright (c) 2010 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.