インデックス

出席者

府立植物園長
松谷 茂さん
まつたに・しげる 京都大大学院で森林生態学を専攻。4年前から園長。「園長さんとの気まぐれ散歩」やライトアップなど新企画で入場者数を伸ばす。
比較文学者
光田 和伸さん
みつた・かずのぶ 国際日本文化研究センター准教授(古典文学)。著書に『恋の隠し方―兼好と「徒然草」』『芭蕉めざめる』など。
日本画家
森田 りえ子さん
もりた・りえこ 四季の花や女性像を得意とし、川端龍子大賞展大賞などを受賞。京都迎賓館に作品制作。金閣寺方丈の杉戸絵、客殿天井画を描く。
歴史学者
高木 博志さん
たかぎ・ひろし 京都大人文科学研究所准教授(日本近代史)。著書に『近代天皇制と古都』『近代京都研究』(共編著)など。
1/4

(下)桜のイメージ 転機は近代

 農の花、貴族の花として桜は古来、日本人に愛されてきた。満開の華やかさ、散る姿のはかなさという対照的な桜への思慕は、近代になってさらに多彩なイメージを帯びていく。桜と日本文化をめぐる4人の座談会は、明治以降の変わりように話題が進んだ。

画一促す クローン


明治以降、全国に広がったソメイヨシノの並木は日本人の桜観を大きく変えた(京都市左京区・府立植物園)

 −近代に入り、桜は門出や潔さのシンボルにもなる。背景は。

 高木 ソメイヨシノの存在が大きい。江戸時代の享保期、将軍吉宗が江戸の飛鳥山や隅田川に桜を群れで植え始めた。幕末以降にオオシマザクラとエドヒガンの交配でソメイヨシノが生まれ、明治後期から近代や文明を象徴するものとして全国で植樹が広がった。ソメイヨシノはいわばクローンなので青森でも東京でも京都でも同じ薄桃色の風景が増えていく。画一化が進む。その意味では西行桜とか御車(みくるま)返しの桜などの物語から離れて、景観の桜になっていく。

 京都で最初にソメイヨシノが植えられるのは明治37年の動物園。大正期には橋本関雪が哲学の道に桜並木を植える。他都市に比べ、京都は在来の桜の名所が多いのでソメイヨシノへの抵抗が当初あったが、昭和初期の観光ブームを受け、桜の伝統名所を守る一方、賀茂川などにソメイヨシノを計画的に植え分けていく。岡崎地域は象徴的で、北は平安神宮など伝統的な桜の名所として、内国博覧会で開発した南側はソメイヨシノを植樹し、伝統と近代を併存させた。谷崎潤一郎の「細雪」で描かれるのは伝統的なベニシダレザクラ。

 松谷 植物園に植えられたのもそのころだ。でも近ごろのソメイヨシノ一辺倒の風潮は面白くない。開花宣言の標準木という影響もあって、桜=ソメイヨシノと思う人がとても多い。桜は多様性があり、園芸種で200種類を超す。

 高木 江戸時代は梅や桃、カキツバタ、ボタンなどいろんな花の名所があったのが、近代以降に廃れた。近年は特に桜と紅葉のウエートが重くなった。観光客を意識して、二つ一緒に植えたりとか。

 森田 日本人の二大イベントだ。花を愛でるというより、にぎやかなレジャー。

Copyright (c) 2010 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.