出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

日本兵の手紙展示、戦争考えて 京都で企画展

企画展では、柏木さんの父親が戦地の友人らと交わした書簡や、戦前・戦中の地図などの資料を並べる(向日市寺戸町)
企画展では、柏木さんの父親が戦地の友人らと交わした書簡や、戦前・戦中の地図などの資料を並べる(向日市寺戸町)

 京都府向日市の第2向陽小学区の住民らでつくる団体「2向区憲法9条を守る会」は14日、企画展「子どもたちに伝えたい戦争と平和」を同市物集女町の物集女コミュニティセンターで開く。太平洋戦争で戦地に赴いた日本兵からの手紙をはじめ戦時中の地図や軍隊手帳などを並べて、平和や命の尊さを伝える。

 戦争とは何かを若い世代にも考えてもらおうと、約40人の会員らが所有する戦争資料を持ち寄って初めて企画した。

 同会代表の柏木信博さん(63)=同市寺戸町=は、通信兵だった父親の故甚三郎さんが戦時中に友人らから受け取った手紙108通のうち64通について、読みやすいように文面を書き下した上でパネル化して出展する。旧満州などに兵士として赴いた同級生や国内の軍事工場で働く弟からの手紙には、共通の知り合いの消息や身辺の出来事を知らせてほしい、などと厳しい環境のもとでも仲間たちを思いやる心情がつづられている。後に東南アジアで戦死した兵士の手紙も含まれている。

 柏木さんは「これからの社会をつくる子どもたちが平和や命について考えるきっかけにしてほしい」と話している。無料。午前10時~午後4時。

【 2018年07月13日 10時52分 】

ニュース写真

  • 企画展では、柏木さんの父親が戦地の友人らと交わした書簡や、戦前・戦中の地図などの資料を並べる(向日市寺戸町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      おり監禁事件、第三者委が報告
      市が引き継ぎ怠り支援できず

      20180920000204

       兵庫県三田市の自宅で父親(73)が20年以上にわたって知的障害のある長男(42)をおり..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      テニス、加藤・二宮組が準決勝へ
      東レ・パンパシ第4日

      20180920000149

       女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第4日は20日、東京・アリーナ立川立飛で行..... [ 記事へ ]

      経済

      損保、台風21号で最多件数か
      受け付け48万超える

      20180920000207

       日本損害保険協会は20日、台風21号による自動車保険や火災保険などの支払いの受付件数が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秋雨しとしと、手合わせ故人しのぶ 京都・大谷祖廟 

      20180920000126

       秋の彼岸入りの20日、京都市内の墓地には雨の降る中、多くの人がお参りに訪れた。東山区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働問う県民投票を、仙台
      女川2号機で直接請求へ

      20180920000130

       東北電力女川原発2号機(宮城県)の再稼働について、県民に賛否を問うべきだとして、仙台市..... [ 記事へ ]