出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

五輪新種目で中村選手V 自転車BMXフリースタイル・パーク

京都で初開催された自転車BMXフリースタイル・パークのジャパンカップ(向日市・京都向日町競輪場)
京都で初開催された自転車BMXフリースタイル・パークのジャパンカップ(向日市・京都向日町競輪場)

 2020年東京五輪で新種目となる自転車BMXフリースタイル・パークのジャパンカップが2日、京都向日町競輪場(向日市)で行われた。五輪を目指す国内のトップ選手がそろい、男子エリートクラス決勝で中村輪夢(りむ)(16)=京都市右京区=が高得点の94点をマークし、初開催の地元京都で優勝を飾った。

 BMXフリースタイル・パークは小型の自転車を操り、ジャンプ台を利用して回転したり、空中で巧みな技を披露して得点を競う採点種目。五輪での実施が決まり、都市型スポーツとしての注目度が一気に高まる中、京都府が競輪場の敷地内に本格的なコースを設けた。

 この日は、「4歳以下」からトップのエリートまで各クラスの決勝があった。選手たちが華麗な技を繰り出し、難易度の高い技に挑戦するたびに大きな歓声が上がった。京都市内から親子で観戦に訪れた川村智世さん(37)は「中村選手を見に来た。大会を見て自分もやってみたいと憧れる子どもは多いと思う」と話した。

【 2018年12月02日 23時27分 】

ニュース写真

  • 京都で初開催された自転車BMXフリースタイル・パークのジャパンカップ(向日市・京都向日町競輪場)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース