出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

強度不足?指定ごみ袋「破れる」苦情多発で無料交換に

破れやすいとの苦情が相次いだごみ袋
破れやすいとの苦情が相次いだごみ袋

 滋賀県長浜市と米原市のごみ処理を担う湖北広域行政事務センター(長浜市八幡中山町)は12日、指定の家庭用可燃ごみ袋に強度不足で破れやすい製品が混在しており、無料交換に応じる、と発表した。

 ごみ袋は中国製で、昨秋に岐阜県の業者が納入。右下部分に印字「Y18」があり、45リットル、30リットル、20リットルの3サイズで計424万枚が作られたという。

 1月末までに同センターや長浜と米原の両市役所に「結び口がちぎれる」「側面が破れる」などとする苦情が約50件あった。

 米原市役所の4庁舎と同センター、長浜市役所と各支所で検品したごみ袋と交換する。同センター0749(62)7143。

【 2019年02月12日 20時00分 】

ニュース写真

  • 破れやすいとの苦情が相次いだごみ袋
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース