出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

「今日から銀メダリスト」 朝原さん、北京五輪リレー授与で喜び

朝原宣治さん
朝原宣治さん

 2008年北京五輪陸上男子400メートルリレーで3位から2位に繰り上がった日本のメダルの授与式が12日、横浜市の日産スタジアムで行われた。アンカーの朝原宣治さん(同志社大出)は笑顔で銀メダルを受け取り、「今日から銀メダリストとして生きるという気持ち。素直にうれしさを受け止めたい」と喜びを語った。

 1位だったジャマイカの選手がドーピング再検査で禁止薬物に陽性反応を示して失格になったため、昨年12月に銅メダルから繰り上がった。

 授与式は同スタジアムで行われている世界リレー最終日に合わせて実施。朝原さんや高平慎士さん、塚原直貴さん、今も現役の末続慎吾さん(イーグルラン)の4人が、国際陸連のセバスチャン・コー会長から銀メダルを受け取り、観客から大きな拍手を受けた。末次さんは「ドーピングではなく自分の力を使って力をつけた。メダルが銀色に変わったとしても心の誇りは変わらない」と話した。

【 2019年05月12日 21時38分 】

ニュース写真

  • 朝原宣治さん
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース