出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

英国、東京五輪で女子が過半数へ
リオ大会金メダルは世界2位

 取材に応じる英国オリンピック委員会のヒュー・ロバートソン会長(共同)
 取材に応じる英国オリンピック委員会のヒュー・ロバートソン会長(共同)

 【ロンドン共同】英国オリンピック委員会(BOA)のヒュー・ロバートソン会長(56)=英国=がロンドンでこのほど取材に応じ、2020年東京五輪への選手強化で「新世代の台頭」を主要テーマに掲げ、選手団は初めて女子選手数が男子を上回る見通しを明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)は女子の五輪参加を促し、東京五輪で過去最高の48・8%に達する見込みだ。

 16年リオデジャネイロ五輪で英国は27個の金メダルを獲得し、米国に次ぐ2位に躍進。メダル総数67個は中国に及ばず3位だったが、12年ロンドン五輪の65個を上回った。

【 2019年05月25日 16時41分 】

ニュース写真

  •  取材に応じる英国オリンピック委員会のヒュー・ロバートソン会長(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース