出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

指定避難所の体育館地下化巡り講演会 元小学校のホテル計画で

 京都市下京区の元植柳小跡地でのホテル建設計画を巡り、地元の指定避難所の体育館が地下化されることに反発する住民グループが9日夜、「大災害時における避難と避難所のあり方」と題した講演会を元同小で開く。

 講師は、兵庫県立大大学院減災復興政策研究科長の室﨑益輝さん。各地の防災まちづくりに携わってきた経験などから、災害時に望ましい避難の方法などについて語る。

 主催する住民グループ「植柳校跡地問題を考える会」は「災害が起きたときにどう避難し、避難所ではどのように過ごすべきなのか。毎年のように大きな災害が起きる中、改めて考えるきっかけにしたい」とする。

 誰でも参加可。午後7~9時。入場無料。

【 2019年06月05日 00時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース