出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

サニブラウンが日本新、9秒97
陸上男子100m、桐生超え

 サニブラウン・ハキーム
 サニブラウン・ハキーム

 【オースティン(米テキサス州)共同】陸上男子のサニブラウン・ハキーム(20)が7日、米テキサス州オースティンで行われた全米大学選手権の100メートル決勝で追い風0・8メートルの条件下、9秒97の日本新記録で3位となった。桐生祥秀が2017年9月にマークした9秒98を0秒01更新した。

 ガーナ人の父と日本人の母を持ち、米フロリダ大に籍を置くホープ。5月11日には9秒99で走った。陸上大国の大学王座を争う大会で、2人に先着を許したものの、持ち前の中盤以降の伸びやかな加速で、日本人で初めて2度目の9秒台をマークした。来年の東京五輪へ向けて期待が高まっている。

【 2019年06月08日 12時46分 】

ニュース写真

  •  サニブラウン・ハキーム
  •  陸上全米大学選手権の男子100メートル決勝で、9秒97の日本新記録をマークし、3位となったサニブラウン・ハキーム=7日、米テキサス州オースティン(共同)
  •  サニブラウン・ハキームが男子100メートル決勝で9秒97の日本新記録をマークしたことを示す電光掲示板=7日、オースティン(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース