出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東京パラ成功へ、懇談会初会合
海老蔵さんらが意見交換

 2020年東京パラリンピックに向けた東京都の懇談会初会合が開かれ、出席者と記念撮影する小池百合子知事(前列中央)=10日午前、東京都庁
 2020年東京パラリンピックに向けた東京都の懇談会初会合が開かれ、出席者と記念撮影する小池百合子知事(前列中央)=10日午前、東京都庁

 2020年東京パラリンピックに向けた東京都の懇談会の初会合が10日、都庁で開かれ、大会を成功させるために必要な取り組みや、バリアフリー推進の機運醸成について意見交換した。

 メンバーの歌舞伎俳優市川海老蔵さんは妻の故小林麻央さんががんの闘病中に車いすを利用した経験から、エレベーターや駅の改札の狭さなど公共施設の問題点を指摘。コメディアン萩本欽一さんは「(12年の)ロンドンパラリンピックでは観客席がいっぱいだった。それに負けない観客席をつくりたい」と語った。

【 2019年06月10日 12時41分 】

ニュース写真

  •  2020年東京パラリンピックに向けた東京都の懇談会初会合が開かれ、出席者と記念撮影する小池百合子知事(前列中央)=10日午前、東京都庁
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース