出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

パラ聖火、全国で採火式実施へ
「集火式」は東京で、組織委

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会であいさつする森喜朗会長=11日午前、東京都中央区
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会であいさつする森喜朗会長=11日午前、東京都中央区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は11日、パラリンピックの聖火リレーの採火式について、全47都道府県での実施が決まったことを明らかにした。同日、東京都内で開かれた理事会で報告した。組織委の協力要請に、各都道府県が応じた。

 20年8月13日以降、各地で採火などの「聖火フェスティバル」を実施。同21日夜に東京で「集火式」を行う。大会発祥の地であるストーク・マンデビル(英国)で採火した火と一つにし、22~25日に東京都内を巡る予定。

【 2019年06月11日 12時41分 】

ニュース写真

  •  2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事会であいさつする森喜朗会長=11日午前、東京都中央区
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース