出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

スマホで話し言葉を翻訳
画面触ると表示、10カ国語対応

 スマートフォンに向かって話した言葉が画面に触れた指に合わせて表示される「しゃべり描きアプリ」
 スマートフォンに向かって話した言葉が画面に触れた指に合わせて表示される「しゃべり描きアプリ」

 商社の兼松の子会社は11日、スマートフォンに向かって話し、画面に触れて指を動かすと、話した言葉が表示されるアプリ「しゃべり描きアプリ」の提供を始めた。日本語で話した言葉を英語で示したり、フランス語の話し言葉を中国語に変換したりするなどの翻訳機能を備え、10カ国語に対応。多くの外国人が来日する2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて利用拡大を狙う。

 三菱電機が聴覚障害者との会話用などに開発した技術を活用した。三菱電機の担当者は「魔法使いのように指先から文字が表示されるわくわく感を演出した」と話した。

【 2019年06月11日 20時46分 】

ニュース写真

  •  スマートフォンに向かって話した言葉が画面に触れた指に合わせて表示される「しゃべり描きアプリ」
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース