出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都賞にチン・W・タン氏ら3氏 11月10日に授賞式

京都賞の受賞が決まった(左から)チン・W・タン氏、ジェームズ・ガン氏、アリアーヌ・ムヌーシュキン氏
京都賞の受賞が決まった(左から)チン・W・タン氏、ジェームズ・ガン氏、アリアーヌ・ムヌーシュキン氏

 稲盛財団(稲盛和夫理事長)は14日、科学や文明の発展や、精神の深化などへの貢献をたたえる「第35回京都賞」の受賞者を発表した。先端技術部門には、薄型のテレビやスマートフォンなどの次世代ディスプレーとして使われる有機EL素子の品質向上や実用化への道を開いたチン・W・タン香港科技大IAS東亜銀行教授(71)を選んだ。

 基礎科学部門は、広大な領域の3次元デジタル宇宙地図を作る国際的プロジェクトで指導的役割を担ったジェームズ・ガン米プリンストン大名誉教授(80)、思想・芸術部門は、半世紀以上にわたって歴史や政治を主題とする独創的な演劇を生み出している演出家のアリアーヌ・ムヌーシュキン氏(80)にそれぞれ決まった。

 授賞式は11月10日、京都市左京区の国立京都国際会館であり、賞金1億円やメダルが各氏に贈られる。

【 2019年06月14日 21時19分 】

ニュース写真

  • 京都賞の受賞が決まった(左から)チン・W・タン氏、ジェームズ・ガン氏、アリアーヌ・ムヌーシュキン氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース