出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ホッケーさくらJ、走力と組織力を強化 中村副本部長に聞く

ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)
ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)

 ホッケー女子の第14回ワールドカップ(W杯)が7月21日から8月5日まで、ロンドンで開催される。日本代表にとっては、2年後の東京五輪へ重要な試金石となる。日本協会強化本部の中村真理副本部長(元京都すばる高教諭)に、「さくらジャパン」の現状と展望を聞いた。

 -オーストラリア人のアンソニー・ファリー監督が昨年5月から代表を指揮している。目指すスタイルは。

 「ひと言でいえば攻撃的なホッケー。試合を通して前線からプレスをかけ、高い位置でボールを奪ってカウンターを仕掛ける。相当に走るスタイル。攻守のシステムを何パターンも持っており、相手を緻密に分析して使い分ける。強くなる可能性は感じているが、具現化に時間がかかると思う」

 -W杯で日本は1次リーグでニュージーランド(世界ランキング4位)、オーストラリア(同5位)、ベルギー(同13位)と同組になった。

 「厳しい相手がそろう死のグループに入った。ベルギーはランキングは低いが近年力をつけ、この組で最も強いと思う。ファリー監督の就任から積み重ねてきた成果が出て欲しい」

 -日本代表にDF内藤夏紀(立命大出)、米原市出身のFW清水美並とMF松本夏波という京滋関係者が選ばれた。内藤は主将にもなった。各選手の長所は。

 「内藤は一対一の駆け引きがうまく、守備の要。性格も穏やかで周囲から信頼されている。清水はFWの中心で、シュートセンスがある。松本は中盤の選手だが守備もでき、全般的な能力が高い」

 -世界で戦うために必要なことは。

 「海外の強豪とは体格差があり、走力と組織力で上回らなければ勝てない。強化合宿の日数を増やし、厳しい国際試合を勝ちきる経験を積む必要がある。目標は東京五輪でのメダル獲得。W杯に続き、8月のアジア大会でもいい試合をして、自信につなげたい」

【 2018年07月13日 11時40分 】

ニュース写真

  • ホッケー女子W杯の日本代表でチームリーダーを務める、日本ホッケー協会強化本部の中村副本部長(京都市中京区)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のスポーツニュース

    全国のスポーツニュース

      政治・社会

      おり監禁事件、第三者委が報告
      市が引き継ぎ怠り支援できず

      20180920000204

       兵庫県三田市の自宅で父親(73)が20年以上にわたって知的障害のある長男(42)をおり..... [ 記事へ ]

      経済

      損保、台風21号で最多件数か
      受け付け48万超える

      20180920000207

       日本損害保険協会は20日、台風21号による自動車保険や火災保険などの支払いの受付件数が..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      秋雨しとしと、手合わせ故人しのぶ 京都・大谷祖廟 

      20180920000126

       秋の彼岸入りの20日、京都市内の墓地には雨の降る中、多くの人がお参りに訪れた。東山区の..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原発再稼働問う県民投票を、仙台
      女川2号機で直接請求へ

      20180920000130

       東北電力女川原発2号機(宮城県)の再稼働について、県民に賛否を問うべきだとして、仙台市..... [ 記事へ ]

      国際

      台湾で函館観光の安全PR
      宿泊キャンセル相次ぎ

      20180920000199

       【台北共同】北海道の地震の影響を受けた函館市の片岡格副市長や経済団体の幹部らが20日、..... [ 記事へ ]